■ 公開中のCAD素材やサンプル図形は、無料パスワードでダウンロード出来ます。 


2010年10月14日

空気清浄機(くうきせいじょうき)

空気清浄機空気清浄機とは、空気中に浮遊する目に見えない細かい粒子(花粉やハウスダスト等)や臭い(ペットや調理時の臭い等)を取り除くことを目的としている空調家電製品である。
空気清浄器と表記することもある。

空気中の微粒子や粉塵を除去することを主な目的とするのものは集塵機、においの除去を主な目的とするものは脱臭機と呼び分けることが多い。

一般にいわれる空気清浄機は、微粒子とにおいの両方をバランスよくきれいにすることを目的としたものである。

 にほんブログ村 住まいブログ 住宅設備・設備工事へ!楽しいブログが沢山! 人気ブログランキング!
タグ:空気清浄機
posted by Sugar Ray at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 空調設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エアフィルタ

エアフィルタは、空気中からゴミ、塵埃などを取り除き、清浄空気にする目的で使用するものである。
効率表示は計数法(JIS参照)で表現される。

粗塵用フィルタ
主に50μm以上の粒子をターゲットとしたフィルタ。一般空調用ではプレフィルタとしてよく用いられる。

中高性能フィルタ
主に25μm以上の粒子をターゲットとしたフィルタ。

HEPAフィルタ
一般に病院や食品、医療分野のクリーンルームへ供給されるクリーンエアーのファイナルフィルタとして用いられる。対象粒子径は0.3μm以上をターゲットとしており、99.99%、99.97%、95%の凡そ3種類がある。

ULPAフィルタ
主にインダストリークリーンルームへ供給されるファイナルフィルタとして用いられる。現在はSMIF方式のクリーンルームが一般的である為、半導体の生産装置に附属されるケースが多く見受けられる。

 にほんブログ村 住まいブログ 住宅設備・設備工事へ!楽しいブログが沢山! 人気ブログランキング!
タグ:フィルタ
posted by Sugar Ray at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 空調設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

エアコンの注意点や使い方の工夫

■ エアコンの室外機は、特に冬場、暖房にすると音が高くなることがある。

■ エアコンは消費電力が大きく、電力消費は夏期の日中がピークとなる。節電のために設定温度を高めに設定し、カーテンやブラインドを利用して直射日光を遮ったり、部屋を仕切って冷やす空間を最小限にするなどの工夫が望まれる。

■ エアコンは、吸込み側の温度センサーにより設定温度まで冷やす(または暖める)ことを繰り返している。このため、室内機の風量を「弱」にしても節電・エコの観点から見ると効果は薄い。冷房の場合は設定温度を上げて(暖房の場合は下げて)風量を「強」にすることの方が効果的である場合が多い。

 にほんブログ村 住まいブログ 住宅設備・設備工事へ!楽しいブログが沢山! 人気ブログランキング!
タグ:エアコン
posted by Sugar Ray at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 空調設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エアコンの保守点検

定期的に次のような保守点検を行うことが望ましい。

エアフィルタの清掃 - シーズン運転時には2週間に一回程度行うことが望ましい。衛生面の目的だけではなく過負荷運転の防止にもなる。フィルタの目詰まりは風量・効率の低下、消費電力の増大をまねき、故障の原因にもなる。近年ではエアフィルタの清掃を自動で行う機種もある。専門のクリーニング業者等に依頼する時は、エアフィルタだけでなく、室内機内のクロスファンの洗浄も同時に行うことが望ましい。

ドレン配管のつまりの点検 - 冷房シーズン前に行う。詰まりがあると室内に水漏れを起こすことがある。暖房運転時には室内機側ドレンに水分は発生しない。

凝縮器・蒸発器の洗浄 - 汚れが激しい場合に行う。通電部などの電気部品に洗浄液がかからないような措置を行ってから実施する。また、後洗浄や排水処理を行わないと腐食の原因となる。

 にほんブログ村 住まいブログ 住宅設備・設備工事へ!楽しいブログが沢山! 人気ブログランキング!
タグ:エアコン
posted by Sugar Ray at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 空調設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冷房と除湿

冷房運転は室温を設定温度に合わせるものであり、除湿運転は湿度を設定した湿度に合わせるものである。目的で選択することにより快適な状態となる。

同じ室温でも湿度が低ければ快適に感じるため、日本の夏のような多湿の場合は、室温をあまり下げなくても除湿をすれば快適に感じる場合がある。しかし、冷却除湿では同時に温度が低下する。

冷房運転より除湿運転の方が、消費電力量が少ないといわれることがある。しかし、冷房除湿で温度が下がった空気をヒーターで加熱して一定温度に戻す再熱除湿は、冷房運転よりも消費電力は多い。

近年のエアコンで多く採用されている室外機の廃熱をリサイクルする方式の再熱除湿では、冷房に比べて消費電力が低下する。ただ冷房運転だけでは取りきれない湿度を下げる事が出来るため、設定温度を高めにしても体感温度は下がる場合がある。

 にほんブログ村 住まいブログ 住宅設備・設備工事へ!楽しいブログが沢山! 人気ブログランキング!
タグ:エアコン
posted by Sugar Ray at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 空調設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする